赤ちゃんを産み育てる女性の応援webマガジン。 妊娠・出産・子育ての「安心・安全」を実現する情報サイトです。

最新号情報

これが主な記事

2015年の患者は初の1万6千人超え!!
心臓に瘤(こぶ)ができる恐れ 原因不明の「川崎病」

主に4歳以下の乳幼児に多く、全身の血管に炎症が起きる「川崎病」の患者が、2015年は1万6千人を超えました。高熱、発疹、イチゴのような舌の腫れのほか、後遺症として心臓の冠動脈に瘤ができる恐れがあります。発症の原因は不明で、一刻も早い治療が必要です。
>>続きは本誌で。



ワクチンNEWS
おたふくかぜ(ムンプス)(流行性耳下腺炎)

「おたふくかぜ」は、今でも小児を中心に年間数十万以上が発症する代表的な感染症です。ムンプス難聴など重い合併症を引き起こすこともあるだけに、「ムンプスワクチン」は現在「任意接種」ですが、1歳になったらワクチン接種を検討したいワクチンです。
>>続きは本誌で。



NEWS FLASH
最新の妊娠・子育て情報をHA編集部が厳選してお届け!

ユニセフが世界各国の「新生児死亡率」を比較/インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」ほか
>>続きは本誌で。



【HA時評】
「出産育児一時金」を思い切って50万円に!

「妊娠・出産」の経済的負担を軽減する為に支給されている「出産育児一時金」。前回の引き上げから7年以上も42万円に据え置かれています。安倍首相にHA編集部からの直言です。
>>続きは本誌で。


これだけですっきり分かる!「妊婦健診」ガイド

「初めての妊娠・出産で不安なあなたに、一読していただきたい「妊婦健診」手引きです。若い女性に広がる「梅毒感染」情報も血液検査でチェックできます。
>>続きは本誌で。


★その他、赤ちゃんに「安心・安全」なベビーグッズ情報等、いまママ・パパに知っておいてほしいニュースが満載です!!

  • HA特別別冊「ウイルス&ワクチン最前線2018-2019」が好評いただいております。

     HA編集部が取材を重ねた渾身のメディカル本『ウイルス&ワクチン最前線2018-2019』が読者さんはもちろん、「記事の完成度が高く、とても役立つ」と、おかげさまで産婦人科や小児科の専門の医療関係者の皆様にも好評いただいております。我が国のワクチン接種情報を網羅した完全保存阪です。ご希望の病院施設様には、追加注文を受け付けておりますので下記までご連絡ください。 (TEL092-716-7588 )